PROCESS

1.まずは無料相談か現場見学をお願いします。

​「プランを提案してほしい」「もっと設計事例がみたい」「完成物件がみたい」「建設費の 詳細が知りたい」「リフォームと新築、どちらがいいか悩んでいる」などお気軽にお問い合わせください。

2.ご要望のヒアリングと敷地調査

ご要望、イメージ、大切にしていること等をお聞かせ下さい。 専用のヒアリングシートをご用意していますのでご記入ください。もちろん雑誌の切り抜きなども歓迎です。同時に建設地を調査させていただきます。「上下水道などのインフラ状況」「近隣状況」「景色や日当たり風通し」「法的条件」などを調査させていただきます 。

3.プレゼンテーション・資金計画(ローン計画)

ファーストプランを作成致します。ご提案はCGパースを使った分かりやすいプレゼンテーションを行っています。

また、資金計画をしっかり行います。ローン計算はもちろん建物以外にかかる付帯工事や諸費用も含めて検討します。

その予算内で最大限の建物を提案することをお約束します。

(ここまでは無料です)

4.基本設計の開始・ローンの事前審査

ファーストプランのご提案をご覧いただき、気に入っていただければ「設計監理契約」を交わします。基本設計でさらにプランを検討していきます。概算見積もりも作成しながら熟成していきましょう

融資を受ける場合は金融機関に希望の融資金額を事前に相談しておきます。

5.実施設計の開始

基本設計をもとに細部を設計していきます。「詳細図」「展開図」「建具表」「家具詳細図」等を打ち合わせを重ねながら進めます。長期優良住宅などのスペックを決定しながら進めます。

6.見積・工務店選定・工事請負契約

ブループリントデザイン

工務店数社に見積を依頼します。もちろん当事務所で信頼のおける工務店をご紹介します。

工務店の見積書は一般の方が見ても適正かどうか分かりにくいところ。

価格が適正か?図面通り入っているか?などの査定を行い、お客様に分かりやすく説明します。

工務店選びは価格だけではありません。技術力や実績、アフターメンテナンスの方法をもとに選定しましょう。

7.地盤調査・ローンの申し込み

地盤調査は設計段階からでも行えます。結果が思わしくなければ地盤改良工事を行います。

8.建築確認申請の提出

構造設計

審査機関に建物の法的な建築確認申請を行います。

9.着工

ここから完成まで「監理業務」を行います。図面通りに施工できているかしっかり検査をし、間違いがあればお客様に報告し、施工会社に指摘します。

工事中の打ち合わせは現場で監督を含め三者で行っています。材料のサンプルの確認や材料の色の決定などのアドバイスさせていただきます。追加見積もりの査定も行います。

工事中の打ち合わせは、専門的でお客様だけで判断することが難しい事が多々あります。そうした時もお客様に分かりやすく解説をして一緒に判断していきます。

10.基礎配筋検査

基礎鉄筋が正しく配置されているかの検査を行います。このようなお客様ではチェックが難しい部分を第三者としてしっかり確認します。

11.上棟・中間検査

棟上げです。大工さんと顔合わせし労をねぎらいましょう。中間検査は構造的な検査を行います。耐力壁のチェックや構造金物のチェックです。審査機関の検査も同時に行われます。

請負業者

12.造作工事・電気工事打ち合わせ

間仕切り壁ができるころに最終的な電気打ち合わせを行います。実際に現場で電気スイッチやコンセントの位置を一緒に確認しましょう。ここから、二週間か一週間ごとに一度現場で打ち合わせをしましょう。

13.仕上げ工事

素材のサンプルや色のチェックを一緒に行いましょう。カーテン工事や外構工事の打ち合わせも行っていきます。家具などをご購入される場合、インテリアのコーディネートについてもアドバイスさせていただけます。

14.竣工検査

カラーペイントパレット

審査機関検査は勿論、お客様と一緒に最終検査を行います。お引き渡しの前に建物をチェックし、手直し工事がある場合は工務店に適切な対応を依頼します。また、登記や火災保険の手配などをお手伝いします。

15.引き渡し

おめでとうございます。工務店と共にアフターケアの対応をさせていただきます。

お引渡し後には工務店が行う1年点検があります。

末永いお付き合いをお願いいたします。

 

費用(設計監理料)について

設計事務所に支払う費用を設計監理料といいます。​

当設計事務所はモデルハウスを持たず、豪華なカタログやテレビCM、派手な広告を行っておりません。

いい家をつくることに余計と思われるコストはその分省くことができるので、設計監理料をお安くできています。

設計費を明瞭にし、コストダウンもご提案いたします。

​戸建て住宅の設計監理料

IMG_3342_edited_edited.jpg

上記の家づくりの流れの1.~3.までは無料です。

「法定延べ床面積(坪)× 58,000円(消費税別)」 1坪=3.31㎡

 ・確認申請手数料・フラット35申請料・鉄骨造、RC 造または3階建て木造等の構造計算費用等は含みません。

 ・住宅新築工事の最低設計料を150万円(消費税別)とします。

 ・リフォーム工事は、上記によらず規模や内容によりご相談させていただきます。

​住宅以外の設計監理料

事務所、店舗、工場、医院建築の設計監理料は、規模や内容により総工事費の5%から12%の範囲でご相談させていただきます。

​設計監理料の支払い時期

設計監理料は原則3回に分けて以下のタイミングでお支払いをお願いいたします。

【1回目】正式に設計監理契約を交わす際:30万円

​【2回目】実施設計完了時:設計監理料の70%

 (初めの30万円を含みますので、70%から30万円を引いた金額をお支払いください。)

【3回目】引き渡し時:設計監理料の30%